40代直腸がん 治療と療養と生活の記録

42歳で直腸がんの診断 ステージ3a。生活習慣や食事の見直しでガンを育てない身体作りをし、生まれてくる子供が1人前なるまで見届ける。あと30年生きる!

術後1日目

朝早めに医師が来て鼻管を抜いてくれた。
本当にスッキリ。地獄だった。

傷の痛みはそれほど気にならずだが、痛くなったら麻酔追加ボタンを押せとのこと。
やや痛く感じたところで試しに押す。劇的変化は感じなかった。

本日のメニューはレントゲンと体重測定と早期離床。
ムリヤリ起きるがフラフラめまい。寝てないからな。
本当は早期離床で5歩でも歩く予定だったがこの日は断念。
レントゲンと体重だけなんとかもたれかかって実施。

離床はちょっとだけチャレンジしようと思った瞬間があり、看護士に伝えたがタイミング悪かったようで、すぐに対応出来ず。身体洗いを先行してる間にまためまいでダメになる。
土日は看護士体制が少ない?金曜日手術ではない方が良かったのかも。

夕方頃からお腹の傷の痛みが最高に。どうやら麻酔追加するとめまいが増す事がようやく分かってきた。
グルグルして悪夢を見ているよう、思考もグチャグチャにされてイライラする。
夜、違う麻酔に変えて見てもらうと、少しめまいは収まったがやや息苦しい。
2時間ほどで効果が切れたが、連発出来ないとのことで元の麻酔追加。
量を半分に調整してもらったからか、めまいは多少緩い。朝方2時間くらい眠れたかも?
思考がグチャグチャなので夢との区別がつかず眠れたのかどうか、、、
まあでもお腹の傷の痛みも収まってきて、少し目覚めた感があった。