40代直腸がん 治療と療養と生活の記録

42歳で直腸がんの診断 ステージ3a。生活習慣や食事の見直しでガンを育てない身体作りをし、生まれてくる子供が1人前なるまで見届ける。あと30年生きる!

化学療法ゼローダ6クール目

6クール目

11月下旬に第二子が誕生。
嫁が出産で入院中、上の子の面倒を見ないとならないため、手足が痛いがとにかく頑張る。やはり、人間は使命感があると良いみたいだ。その間、比較的体調は良い状態が続いてくれた。

かなりゼローダが蓄積してきたのか、手の黒ずみが目立ち始めた。
また、手の爪が横にデコボコが入っており、栄養状態が悪いとそうなるらしい。
副作用もあるが糖質制限の可能性もあるので、少し緩やかにすることにした。
顔も全体的に黒くなり、会社の人に「顔色すごい悪いけど大丈夫?」と言われたり、のんきな若者からは「あ、日焼けしたんすか?スノボすか?」と言われたり。
へへへとごまかして受け流す。
やっぱり見た目にも出ているようなのでまーまだ友人には会いづらいなあ。

おなかの調子は安定してきている。が、やはり週1日くらいゲリというか頻便になる。
食事内容をいろいろ考えていて、肉かカレーが怪しいかなーと思っていたが、どうも法則性がない。
まあ手術後まだ半年なので時間かけて戻るかな。手足が痛いせいで運動が全然できないのも大きいかもしれない。

6クール目は今までで最も副作用が軽かった。
爪の腫れも引き気味で悪化せず、足裏も多少の痛みでおさまってくれた。
3週目終了後の診察で、その旨を伝え、次は追加休薬なしで始めることにした。
毎回休薬追加では終わりがドンドン延びるだけなので・・・

また、調子もよいので抗生物質のミノサイクリンを止めさせてもらった。特に効いてる気もしないし。。。