40代直腸がん 治療と療養と生活の記録

42歳で直腸がんの診断 ステージ3a。生活習慣や食事の見直しでガンを育てない身体作りをし、生まれてくる子供が1人前なるまで見届ける。あと30年生きる!

化学療法ゼローダ5クール目

5クール目
1錠減薬効果は劇的ではないが爪以外の痛さは軽減されたと思われる。
しかし爪は相変わらずヤバい。前回と同様2週目後半から激痛。
あーこれはストレスすごい。抗がん剤で悪化するという意見も分かる。

排便の状況は波はあるが5回以内が普通になりつつある。
週1回くらいゲリになる日があるが会社を休んだのはまた1日だけ。

少しこの腸に慣れてきたので、プチ糖質制限を始める。
基本的に主食は半分以下で抑え目にし、抜けるときは抜く。
だいたい昼か夜を抜く。朝はヤクルトだけでも10g行くのでややあきらめ。
ウーンやはりヤクルトが微妙だ。腸の調子は大事だが、糖分だけでなく評判の悪い添加物のオンパレード。乳酸菌は評価が高いが・・・・
ヤクルト社に「あまりに評判の悪いものがたくさん入りすぎている。味が飲みにくくなってもよいから糖質抑えて添加物も減らしてほしい」とメールするが、まったく返事なし。感じ悪い。


3週終了で医師の診察。
やっぱり爪がヤバイねーということで強い塗り薬に変更。1週間休薬追加。
化学療法も半分終わったのでやめちまおうかな・・・と思ったが、まあ悪化はしていないし、休薬しながらでも続けてみることにする。

また、言い忘れていたが5クール目から抗生物質(ミノサイリン)が処方される。炎症を抑える効果があるとのことだが、抗生物質って耐性できちゃうって言うからなんかイヤだなー。ずーっと飲むワケだし・・・・