40代直腸がん 治療と療養と生活の記録

42歳で直腸がんの診断 ステージ3a。生活習慣や食事の見直しでガンを育てない身体作りをし、生まれてくる子供が1人前なるまで見届ける。あと30年生きる!

自宅療養 13日~20日 化学療法開始

自宅療養16日目(術後1ヶ月)に術後補助化学療法開始。
身長172cm 体重57kg(5kg痩せた、、、)

ゼローダは7錠も飲めと、、、
マックスは8錠だそうなので痩せてる分少ないのかと思われる。

1日目 特に変化なし。何となく気持ち悪いような気がするが、私の場合は精神的な問題だと思う。なにせ飲む前から考えただけで気持ち悪かったからな。
2日目に風邪をひいてしまったので副作用なのかよく分からん感じに。気持ち悪さは明確に出てきた。吐き気止めを朝夜服用。夜の方が効いてるかなあ、昼から夕方はムカムカする。ノバミンよりアルプラゾムの方が効く気もするのでアルプラゾムのみにしてみるか?色々試してみたい。
実際に嘔吐は無いが、ゲップが多い。
犬の散歩で息切れし胸が苦しくなる。立ちくらみが多い。
3日目~ 8日目 風邪が良くなっても変わらずなのでやはり副作用のようだ。手足はまだなにも症状なし。吐き気止めでも気分悪さが消えない。まあ用はこなせるが、本読んだり仕事メールなどは気分悪さが増す。集中力はかなり落ちる。この調子だと仕事復帰は厳しいな、、、昼は大半横になってる感じ。

排便状況は変わらず、10回~20回程度。下痢の副作用が出てないのは救い。

まあやると決めたからにはシッカリがん細胞と戦ってもらう!ネガティブにやっても良いこと無いので出来るだけポジティブにやりたいと思う。