40代直腸がん 治療と療養と生活の記録

42歳で直腸がんの診断 ステージ3a。生活習慣や食事の見直しでガンを育てない身体作りをし、生まれてくる子供が1人前なるまで見届ける。あと30年生きる!

術後11日目 ステージ確定

食事開始2日目。
昨日からシャワーもOKとなって日に日に回復感が増している。

外は凄く暑いとのこと。ちょっと心配だがゆっくり徐々に慣れていこう。
今日もまだ便は出ない。少しお腹が張ってるようにも思う。
よく歩いているし、お腹もよく動いてますねといつも言われてるのであまり心配してなかったが、、
腸閉塞のサイトを見て勝手に不安になり金魚体操を始める。
ほんと、こういう不安性な所を直さないと、、、

夕方に主治医の先生より病理検査の結果を聞いた。
残念ながらステージ3a。
なんとなく2くらいでは?と言う予想だったので正直落胆。抗がん剤は基本的に毒だし、出来れば避けたかったが、、、まあ結果は努力でどうなるわけでもなく仕方ない。
逆に言えば今回マグレ的に見つからなく、数年後だったらステージ4だった可能性もある。
3aでももっとも軽いものだったので寛解の可能性は十分に高い。

直腸レスとの戦いにもう一つ悩みが出来てしまったが、ステージ2で抗がん剤やらないのと、ステージ3aでやるのでは、ひょっとしたら気持ち的には後者の方が良いかもしれない。

とにかく、余計な将来不安を考えず、現実と向き合う。
結果がどうなろうとも、今ある家族との時間は二度とない、唯一無二のものだ。
不安に怯えて過ごしても、楽しんで幸せを感じて過ごしても結果は変わらない。いや、結果は統計的に良くなる。
シュレーベルやカバトジンの教えに沿って。


にほんブログ村 病気ブログ 直腸がんへ
にほんブログ村 他の直腸がんブログへ