40代直腸がん 治療と療養と生活の記録

42歳で直腸がんの診断 ステージ3a。生活習慣や食事の見直しでガンを育てない身体作りをし、生まれてくる子供が1人前なるまで見届ける。あと30年生きる!

骨盤底筋運動

排便障害対策で自発的に出来そうな事、 手軽で効果がありそうなのはやはり骨盤低筋運動。効果についての研究論文もある。 https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=35299&item_no=1…

化学療法ゼローダ1クール目 2週~3週

12日目の発熱から1日で熱が下がり、翌日から再開。2週目ラスト2日から手足症候群が出始める。 指の黒ずみと、少し赤み、ややヒリヒリする。 足は風呂以外ずっと靴下を履いていたが、痛いのでスリッパも履く。 手はビンのフタあけたり、ギザギザを持つと痛い…

化学療法ゼローダ1クール目 1週経過診察、12日目救急診察

開始1週間経過後の診察。 風邪、吐き気、目眩息切れについて話す。 手足はまだ症状なし。白血球は2.6まで下がってるとのこと。 1切らなければ問題ないと言うが、 通常の基準値は下回っており、懸念した副作用が 出てしまっている事になる。 この日は特に問題…

自宅療養 13日~20日 化学療法開始

自宅療養16日目(術後1ヶ月)に術後補助化学療法開始。 身長172cm 体重57kg(5kg痩せた、、、)ゼローダは7錠も飲めと、、、 マックスは8錠だそうなので痩せてる分少ないのかと思われる。1日目 特に変化なし。何となく気持ち悪いような気がするが、私の場合は精…

腫瘍内科の診察 療法の決定

色々悩んだ結果、ゼローダ単独を6ヶ月やることにした。とにかく皆さんに絶対に勧めたいのは、術後の抗がん剤やるなら外科ではなく、それなりに規模のある腫瘍内科で診察を受けること。 これは薬剤師の妹に強く勧められたのだが、大正解だった。 臨床試験など…

自宅療養 5日~12日

酸化マグネシウム飲み始めた翌日くらいから、便が出やすくなり糞詰まり感が大分改善されてきた。 その代わり少しお尻が汚れるが、まあ普通の事だから仕方ない。 あと、あまりガマンが効かない。便が固くないと傷に触るような肛門痛は少なくなってきたので大…

腫瘍内科の診察 化学療法の選択肢

大学病院本院での腫瘍内科の診察。 薬剤師の妹も同行。1時間ほど色々説明してもらった。 ざっくり要約すると以下。ステージⅢa 手術のみでの5年DFS・・60% 化学療法を加えた5年DFS・・75%化学療法の選択肢 1、ゼローダのみ6ヶ月 2、ゼロックス3ヶ月上記選択肢…

自宅療養 2~4日目

ルーチンはかなり排便状況で崩れる。 まあこれは仕方ないので無理にスケジュールを挽回しようとはしないが、運動系のパスは1日1つだけに心がけたい。あと、機会があれば外出は優先するので、それでもだいぶ狂う。買い物、喫茶店、通院など。 外に出ると疲れ…

自宅療養2日目 ルーチン

自宅療養のルーチンをある程度作ってみた。排便状況や外出などで狂った所はパスでOKとする。AM 07イヌ散歩 20分 08朝食 モデーア グリーンエクストラクト、ミネラルソリューションズ、ハワイアンノニ ヤクルト400 10室内ウォーキング 11瞑想PM 12昼食 野菜ジ…

自宅療養1日目

朝起きて朝食前に犬の散歩&ウォーキング。 7時30分だともうちょっと暑い。明日は30分くらい早めよう。朝食中に石ころ便がすこし。 オメガ3対策のエゴマ油とヨーグルト、ホットミルクで便通を期待。自宅だといつでもトイレにすぐいけるので気が楽だ。病院で…

術後15日 退院!

術後15日(入院17日)でほぼスケジュール通り退院。家までどうやって帰るか?が課題だったが、あまりに暑いので電車はやめて兄に車で送ってもらった。 もうゴメンナサイでオムツの中にしてしまおうと覚悟を決め、出ちゃったら途中コンビニなどで都度交換する…

術後14日目 小康

昨日は便フィーバーだったが、 寝ている間は多少落ち着き、トイレは1回だけ。 早朝5時ころ、おなら勝負にて負ける。 そこからまた15分おき。今日も1日こんな感じかーと思いきや、7時くらいから落ち着きを見せる。 朝食後も昼食後もウォーキングしても1~2回小…

術後13日目 排便闘争

予想されていた未来が現実に。昨日は20回くらいトイレに行ったが、回数の割に量はあまりなく、出せているのかやや心配だったが、本日から本領発揮、朝からトイレに何度も行くが、今日は毎回それなり(親指程度の大きさ)の量が出るようになった。 空振りや漏…

術後12日目 管レス

お腹のドレーンが抜けた。 術後7つあった装備がついに全て取れた。夜中少しお腹が張ってきた恐怖で、 朝から水を多めに飲んで歩く。 8時頃、ようやく念願の便が!! 待ってたよー親指程度の小さなものだけど大きな一歩。 先生も安心した様子。ちゃんと通って…

術後11日目 ステージ確定

食事開始2日目。 昨日からシャワーもOKとなって日に日に回復感が増している。外は凄く暑いとのこと。ちょっと心配だがゆっくり徐々に慣れていこう。 今日もまだ便は出ない。少しお腹が張ってるようにも思う。 よく歩いているし、お腹もよく動いてますねとい…

術後10日目 食事開始

昼から食事開始。 3分粥からスタート。夜ごはん 結構食べるのね!おかず多い! ちょっとひびって少し残しておきました。とにかく必要以上に噛んで流動食レベルにして食べてます。これで本格的に直腸レス生活の開始。 長い、永久的戦いだけど、上手くなれれば…

術後9日目

管を外したがエレンタールのみなので便は出ない。毎日お通じは?と聞かれるが、、、 ほとんど食べてないものの水分も多少とっているし水便でも出ないものだろうか。肛門の潰瘍はだんだん良くなっているおならはよく出ていて、聴診器でも良く動いていて問題な…

術後8日目

最高の目覚め。 体も軽い。歩く量を倍に増やす。週明け(明後日)から食事始めましょうとのこと。縫合不全は7~10日あたりがピークと言う情報もあり。10日から食事は良いかと思った。本格的に便がでるまでに肛門の潰瘍は治ってると助かる。夜、前ほどではない…

術後7日目 肛門チューブ取れる!

ついに1週間。午後の注腸検査で問題無ければ肛門チューブを取ってよしとのこと。妻の面会してたら早めに呼ばれた。 バイバイして喜んで検査室に向かう。検査の為に造影剤?を肛門から入れるため管の位置を調整しようとしたところ、肛門超激痛。イタいイタい…

術後6日目

お尻の痛みに耐えながら歩く。 縫合不全と腸閉塞さえならなければ、無事に退院できるはず。なんとかよく歩いているしおならも出ているので腸閉塞は大丈夫だろう。 とにかく問題は縫合不全。 ついつい情報をネットで漁ってしまう、、、 肛門チューブの効果は…

術後5日目

とにかくお尻が痛い。コレで縫合不全のリスクが下げられると言うことで入ってるようなので仕方ない。 縫合不全のリスクが下がってくる7日を目処にして状態がよければ外せるとのこと。あと3日。耐えきるのみ。この日も夜は痛み止めを依頼。 夜の方が痛みが増…

術後4日目

装備も軽くなり快方へ向かって行くと思いきや。 肛門のドレーンがズキズキと痛み出す。元々は座ると痛いというくらいだったが、 寝てても痛い時間帯が出てきた。 中の傷が比較的肛門に近いので、 どこが痛いのか今ひとつ分からない。看護士に見てもらう。 管…

術後3日目

朝から導尿カテーテルが取れた。 腰の痛み止めもなくなったので、外した。《現在の装備》 腕に点滴 左腹部に体液ドレーン 肛門に減圧チューブ7つあった装備が3つに。大分スッキリした。 元の部屋にも戻れて、多少携帯見たり本読んだりが 出来るようになった…

術後2日目

少し眠れてややスッキリ。 お腹の傷の痛みもピークをすぎた模様。昨日の遅れを取り戻すべく、朝一番で歩きたいと話した。すぐにサポートしてもらい、10m程度を歩く。 ムリのない範囲で出来るだけ歩いて、と言うことだったので、術後部屋から元の部屋まで歩い…

術後1日目

朝早めに医師が来て鼻管を抜いてくれた。 本当にスッキリ。地獄だった。傷の痛みはそれほど気にならずだが、痛くなったら麻酔追加ボタンを押せとのこと。 やや痛く感じたところで試しに押す。劇的変化は感じなかった。本日のメニューはレントゲンと体重測定…

手術当日

いよいよ当日。ちょっと緊張しつつも手術へ。 痛み止め用の硬膜外麻酔に少し手間取ったようだが、全身麻酔が投入されて瞬落ち。起こされて終わりましたよーと言われ、朦朧としつつも時計が目に入った。予定より早い。 とりあえず無事に終わったと言う事なの…

入院日・翌日

手術2日前に入院。 早速昼から絶食。点滴。いくつかの検査。翌日、麻酔科の医師から細かい説明を受ける。手術前にはあまり具体的に術後の状況、計画などは聞かなかった。聞いたあとに悪い方に変わると心配になるし。と言うのもある。出来るだけ瞑想して過ご…

がん発覚から 周知

《親族》 翌土日に、まず自分の母親へ。父が同じ病気で54で亡くなってるため、とても心苦しかった。ただ、20年前と5年生存率が20%も高いこと、ステージ1なら100%なことを伝えて出来るだけ安心させる。 http://kcch.kanagawa-pho.jp/examination/shoukaki_dai…

がん発覚から 療養情報

色々漁った結果、以下書籍を購入。がんに効く生活 克服した医師の自分でできる「統合医療」作者: ダヴィド・S.シュレベール,David Servan Schreiber,渡邊昌,山本知子出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2009/02/21メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 7人 …

がん発覚から 金銭関連

幸い、多少の貯金はあるものの、これから色々かかると考えたらやれる事はしっかりやらないと。休職する事にしたのでその間は傷病手当が給与を補う。 医療保険はライフネットで最低限しか入っていなかったが、やめようかと思っていたので助かった。 高額療養…